カジノを潰したとの噂のあるモンテカルロ法

ギャンブルには色んなものがありますが、必ずと言っていいほど、どのギャンブルでも攻略法が開発されています。
当然、オンラインカジノでも攻略法があり、その一つが「モンテカルロ法」です。

モンテカルロ法には、その名前の由来に以下の伝説があります。
初めて、その攻略法が利用されたのはモナコのモンテカルロにあるカジノです。
カジノを潰したとの噂のあるモンテカルロ法

実は、そのカジノは攻略法によって大損害を被り、潰れてしまいました。
それが言い伝えられて、その攻略法がモンテカルロ法と名付けられたという逸話です。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は他の攻略法と違って若干手間がかかるため、筆記用具が必要です。
従って、実際に現地で行うランドカジノより、自宅でできるオンラインカジノ向きの手法と言えます。

当然、ギャンブルであるため、モンテカルロ法も負けることを前提にした攻略法になっています。
他の攻略法同様、一定の数式に則って賭け金を決めていきますが、倍々にして賭けていくわけではないため、それほど大きなリスクを抱えるわけではありません。
モンテカルロ法とは

なお、モンテカルロ法に適したゲームは配当が3倍(勝率約33%)のゲームであり、ルーレットのダズンベットやカラムベットなどが有効です。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法のやり方はまず始めに、紙に「1、2、3」と書きます。
ゲームを進めるごとに、そこに数字を加えたり、消したりしながら賭け金を決めていきます。
仮に、賭け金を1ドル単位で始めたとします。
モンテカルロ法のやり方

・1回目:負け
紙に「1、2、3」と書きます。
数列の両端の数字を足したものが次の賭け金になります。
1回目は「1」と「3」の数字を足した4ドルが賭け金になります。

・2回目:負け
負けた場合は、数列の右端に前回の賭け金の数字を記入します。
1回目の賭け金は4ドルだったので、右端の3の隣に4と書きます。
従って、数列は「1、2、3、4」となります。
2回目の賭け金は両端の「1」と「4」を足した5ドルになります。

・3回目:負け
2回目も負けた場合、同様に数列の右に賭け金の5を記入するため、数列は「1、2、3、4、5」となります。
3回目の賭け金は「1」と「5」を足した6ドルです。

・4回目:勝ち
3回目も負けると、数列は「1、2、3、4、5、6」となり、4回目の賭け金は7ドルです。

・5回目:勝ち
勝負に勝つと、数列の両端の2つの数字を削除します。
つまり、「1、2、3、4、5、6」の数列の左側の「1、2」と右側の「5、6」を消します。
残る数字は「3、4」です。
従って、5回目の賭け金は「3」と「4」を足した7ドルです。

・6回目:リセット
5回目も勝つと、削除する数字が無くなります。
数字が無くなると、モンテカルロ法は成功したことになり終了します。
ゲームを続ける場合は、1回目からのリスタートになります。

モンテカルロ法が完了した場合の収支

上記の結果の収支を見ると以下になります(左:賭け金、右:累計損益)。
・1回目(負け):4ドル/-4ドル
・2回目(負け):5ドル/-9ドル
・3回目(負け):6ドル/-15ドル
・4回目(勝ち):7ドル/-1ドル
・5回目(勝ち):7ドル/+13ドル

3回目までは賭け金分が累計損失になりますが、4回目に勝つと賭け金の2倍が得られるため、-1ドルまで損失が減ります。
5回目に連続して勝つと、収支がプラスに転じます。
手順通りに行えば、数列が無くなった時に(モンテカルロ法が完了)、収支は必ずプラスになります。

モンテカルロ法のシミュレーション

仮に、6回目まで連続して負けたとします。
その場合の数列は「1、2、3、4、5、6、7、8、9」になります。
7回目の賭け金は「1」と「9」を足して10ドルです。
・7回目:勝ち
7回目に勝つと、「1、2」と「8、9」が消されるため、残る数列が「3、4、5、6、7」になります。
従って、8回目の賭け金は「3」と「7」を足した10ドルです。
・8回目:負け
8回目に負けると、「3、4、5、6、7」の右に前回の賭け金の10が来るため、数列は「3、4、5、6、7、10」になります。
従って、9回目の賭け金は「3」と「10」を足した13ドルに変わります。
・9回目:勝ち
9回目に勝つと、「3、4、5、6、7、10」から「3、4」と「7、10」が消されるため、残りの数列は「5、6」になります。
従って、10回目の賭け金は「5」と「6」を足した11ドルになります。
・10回目:勝ち
10回目に勝つと、「5,6」が消されるため、モンテカルロ法は完了し、1回目にリセットされます。

上記の場合の収支は以下になっています(左:賭け金、右:累計損益)。
・6回目:-39ドル
・7回目(勝ち):10ドル/-19ドル
・8回目(負け):10ドル/-29ドル
・9回目(勝ち):13ドル/-3ドル
・10回目(勝ち):11ドル/+19ドル

このように、モンテカルロ法が完了した時点では必ず利益が発生します。

4回に1回の勝ちで利益を獲得

モンテカルロ法では負けた時に増える数字が1つで、勝った時に消すことのできる数字は4つです。
簡単に言えば、4回に1回の割合で勝つことができれば、利益を獲得できます。
12連敗しても4連勝、15連敗しても5連勝できれば収支はプラスです。

ただし、何連敗しても賭け続けられる資金と、必ず勝てるという強い意思のあることが前提です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です